査定額を高くするための手段として、一番始めに

愛車を売ろうと思ったときに考えておきたいこととして

愛車を売ろうと思ったときに考えておきたいこととして、契約を交わしたあとで、当初の買取額から下げられてしまったり、代金を業者がなかなか支払わないといったトラブルのことです。トラブルに巻き込まれて右往左往しない為にも、買取査定業者選びは良く考えて慎重に行いましょう。


また、買取、査定を行う際にはウソをつくとトラブルを引き起こすことになります。車を買い替えるときは、ディーラーに下取りに出す人が多いようです。最近はネットで複数の買取業者に査定依頼できるので、1社による下取りではなく競合見積りにすれば、高値も期待できるのではないでしょうか。



下取りにせよ買取にせよ、手間と利益の兼ね合いですが、処分しようという車の年式や車種などによって下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。
僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。

すると買取業者のほうが高かったのです。


あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。


買取代金は後日振込みでしたが、引取りの翌日には振り込まれていました。
30万円以下なら現金払いもできるそうです。
ともあれそのお金で早々に新車を購入しました。ローンは利息がつくので、頭金を入れて安く済んで良かったと思います。さすがにその時は、知らないと損をしているなあと思いました。
車を売却する際に、ディーラー下取り依頼と、買取業者に売るのは、どちらがよりよい選択でしょうか。近頃は、一括査定などを活用して、査定買取業者に売却する人が増えています。



しかし、いつも買取業者に売る方がいいとは限りません。
例えば、決算期やお正月の下取りキャンペーンの際などはディーラーに売った方がメリットが大きいこともあります。
車を売り渡すのにあたって、仕事で日の出ているうちに買取店に行くことが出来ないので、思い切って結論を下すことができなかったのですが、手が空いた時に出来るインターネットネットの査定のことを知って、試しに用いてみました。

車種などの基本情報の欄を埋めるだけで、こんなに単純に車の査定額がわかるなんて、仰天しました。早速、最も査定額が高い買取業者に出張査定を申し入れました。車を売りたいと思い立った場合、今は一括査定サイトを利用するのが一番手軽で便利です。でもこれを申し込むことで、買取業者からの営業電話がひんぱんに入るようになり同じくメールの方も届くようになる、ということを知っておきましょう。それが困るなら電話を着信拒否するために申し込みの時に携帯番号だけを入力し、捨てアドレスを取得してメール欄はそれで埋めておきましょう。併せて覚えておきたいのは、ネットではない実物の車を査定する時でも一社にしぼらずいくつかの業者に頼むのがおすすめです。

車の評価を受けるときには社外パーツを付けている車は一般的に悪い評価になってしまうので純正の部品に戻すようにしてください。ただし、メーカーのパーツに戻すのに工賃がかかるときは、付け加える金額よりも工賃の方が高くつくとなってしまうことも多いため元の状態に戻さずに今のまま買取申し込みしたほうが良いように感じます。

日常的に乗っている人がいなくなって、車検が終了している自動車でも売却はできます。
そうは言っても、車検が切れた自動車は公道を走らせてはいけない決まりがありますから、自動車のそばまで出張をお願いして査定してもらいましょう。普通の自動車以外にも車検切れでもOKのところならば、無料で車を引き取ってくれる店舗が主でしょう。

それから、あらかじめ車検を通してから売ることはあまり意味がないので止めた方が無難です。車検費用の方が大抵の場合は査定金額に上乗せされる金額よりも高く付いてしまうからです。ちょっとでも自分の車の査定額をアップさせようと思うならば、即決で売却しても良いんだという意志を強くアピールすることです。

ちょっと気になるから査定だけしてもらうけどおそらく直ぐには車を手放さないだろうという売り手よりも、提示した金額に納得すれば直ぐにでも売りますという相手の方が中古車買取業者にとってありがたいでしょう。

車を直ぐに売却してくれそうだとなれば、是非うちの店で取り引きしてくれるように高めの査定額を提示してくる可能性があるのです。大抵の場合、買取の査定で有利になる車といえばやはり軽自動車でしょう。


「足代わりに安い車が欲しいというお客さんから一定の需要がある」「代車としての用途もあるので利便性が高い」と中古車屋さんでも言われているようです。

最近は、軽自動車といっても車体の大きいものが増えてきたので、ファミリー層に意外とウケているようです。軽なら燃費が良い上に税金も大変安く、買いたい人がたくさんいるので、査定額が高くなるのも納得できます。

基本的にタイヤの状態は、中古車売却に際して価格に対する影響が少ないものです。

ただ、タイヤがスタッドレスのときは可能なかぎりノーマルタイヤにしてから査定に出すことを推奨します。



一般的にはスタッドレスの方が高価なので価値があると思う人もいますが、冬場に路面に雪が残るような寒い地域以外ではいちいち業者の方でノーマルタイヤに交換したあと市場に出すというプロセスが加わります。

つまりそれだけ査定額から引くので、安くなってしまうのです。

About the author