車を手放そうと決めたならば、先ずした方がベストなことと言えば、

ある程度を超えて走行した車というものは、中古車業界

ある程度を超えて走行した車というものは、中古車業界では減点査定の対象となります。
あくまでも業界のセオリーではありますが、5万キロ超走った車は多走行車という扱いでマイナスがつきます。過走行車と呼ばれる走行距離10万キロ以上の車だと、一般の業者は敬遠するためタダ同然の査定額になってしまいます。



しかしまったく売却不能という意味ではありませんから大丈夫です。



この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。そういった業者に相談すると、使えるパーツ単位で計算してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

買取依頼時に車に傷があったりすると、それだけ査定価格は下がってしまいます。でも、傷を直した状態で買取に持ち込んでもあまりいいことはありません。修理店に修復に出したとしても修理費用を取り戻せるほど査定に影響は与えませんし、なんとか自分で修復を試みてもむしろマイナスに働くことが少なくありません。
下手に修復を試みるのではなく、素直にそのまま査定を受けるのが最も良いと思います。

ホンダフィットは、低燃費を実現しつつも、パワフルな走りを見せられる人気アップの普通車です。

街の中でもよく通る大衆車ですから安心を感じますね。


この車の見てほしいポイントは、見た目は小さ目であるのに車内は大きく広いというまさにユーザーフレンドリーなことです。
ライフステージが変わって乗り換えることにした、など乗っている車を売りに出す時には、心情としては、ほんの少しでも高い金額で売れれば良いのに、と願うのではないでしょうか。ところでもし、その車が世間で人気の高いボディカラーだった場合は、査定の際、思わぬ高値がついたりすることがあり、嬉しい誤算となるかもしれません。人気のある色というのは、時代を経ると変わっていくものですが、白や黒、あるいはシルバーといったような無難な色は使いやすいということもあるのでしょう、いつでも人気のあるカラーです。

見積りの結果に納得してあとは契約するだけとなったら、売主が用意しなければいけない書類がいくつかあります。



自動車は普通乗用車と違う点がありますので注意してください。どちらの場合も必要になるのは車検証で、ほかに車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、直近の自動車税納税証明書が必要になります。
それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは認め印で済むので印鑑証明書も要りません。業者による車査定を受ける場合、多くの業者は走行距離を最初に確認します。
中古車を査定するにあたって、一番重要になるのが走行距離だと言われています。
走行した距離が10万キロオーバーの車でも買い取ってもらえるかは車種によっても違いますが、なかなか困難なことです。しかし、需要の高い軽自動車やマニアが欲しがるような、レアなものなら、査定額が上がることもあるようです。

中古車屋の査定というのは、複数のチェック項目ごとに基準値を設けてマイナス1、プラス2などと採点して総合的な査定額を算出します。



中でも減点対象としてはずせないのはボディやバンパーの目立った傷、ヘコミでしょう。気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、大きなマイナス点をつけられる状況にもなり得ます。身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、一般の方の場合はキズがあるままで売ったほうが出費も少なくて済みます。



誰も乗らなくなってメンテナンスもしなくなり、車検切れで放置されたようになっている車でも買い取りに出すことはできます。
でも、車検が切れている車は一般道路を走ることが出来ません。なので、自動車があるところまで出張してもらって査定を依頼する必要があるでしょう。


一般的な車以外にも車検切れの車も扱っている業者ならば、車の引き取りにお金がかからないところが多いはずです。



それから、あらかじめ車検を通してから売ることは無意味です。

車検を通すのにかかる費用の方が高くなる事が多く、査定金額アップはあまり望めないため損してしまうのです。車を友人や知り合いに売る場合、知っている人だからと安心するのは気を付けるべきです。


必要な手続きを終わらせていなければ、無駄な費用を支払うことになるかもしれません。

後から大きなトラブルとならないように名義変更などの大切な手続きは漏れのないように完了させておきましょう。基本的なことかもしれませんが、先に準備しておけば急に実車査定ということになっても落ち着いていられますし、結果的に良い値段で買い取ってくれることが多いです。



手軽なところで掃除から始めるといいでしょう。また、パーツを交換しているなら純正パーツを保管してあるのなら本来の姿に戻しておくべきです。メーカー純正パーツの車というのは買取り査定ではプラスの査定がつく傾向にあります。他には、もし査定から売却までの期間を縮めたいのであれば、あらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。

About the author