自治体の消費生活相談窓口や国民生活センターにはいつも大量の中

買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、中古ズ

買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、中古ズバット車買い取り比較店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。
手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい金額を競わせ、結果的に高値で売却することも可能です。



ではディーラーによる下取りはどうかというと、一社のみの独占ですので安く見積もられてしまう可能性もあります。とはいえ、購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

車の買い換えをする時のことですが、私の場合は、ディーラーに下取りに出さず、中古車買取の専門業者に頼むようにしています。PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。

そこで、そこで車種などの売りたい車の情報や、個人のいくつかの情報を書きこんで登録をすると、業者からのコンタクトがあります。


電話連絡の場合が多いです。

例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。電話がきたらそこで、どのくらいの値段で車が売れるか尋ねます。値段がわかったら、金額の良い2、3社を候補に残しておいて、他のところには、もう断りの電話を入れてしまいます。契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量の中古車がらみのさまざまな相談電話がかかってきます。最近では買取に伴う相談電話が右肩上がりに増えています。内容的に多いのは、ネットの一括見積りサイトを通じて査定依頼したら、時間を問わずしつこく電話をかけてくる業者がいる、勝手に査定に来ていて驚いた、違法ではないのかといった相談です。

泣き寝入りすることのないよう、トラブルに遭ったら、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。

中古車を購入する場合気になってくるのは、年式に付け加えて走行距離ということになりますよね。


一般的に、中古車の走行距離はというと、1年間で1万kmほどというのが平均的です。ですから、10年間の使用で10万kmくらいが一般的な中古車の走行距離ということになります。

走行距離が長いと、車査定では評価が下がると考えられます。


走行距離10万キロを超えた車は、希少価値があって、高い相場で買い取れる車種でも、査定価格ゼロの可能性を考えて良いです。


同じ車で走行距離が変わらなければ、乗った期間が短い方が不利な評価を受けます。


短い間に酷使された証明として文句なしの判断材料にされるためです。


昔の車を専門の業者のところに運び込むと、買取の受付をしてもらうことができます。その際は、場所によって買取金額がバラバラなことに警戒が必要です。
いくつもの業者を比べてみることで、高額査定を得ることができます。

ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。
中古車の見積りではそれらは不要と見られ、値段がつくことはないのです。もともとチャイルドシート自体はUSEDで探している人も多いですから、それだけで売りに出しても相応の価格で売れます。美品のブランド製品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。

車買取業者による主な査定点は、走行距離、排気量、車の年式や、車検までの期間がポイントです。



その他にも傷が無いのか、車内は綺麗か、というような事を重視するようです。
意外と盲点なのが、時期や季節です。
新車種の発売前やモデルチェンジ前などには買取価格が上がります。


タイミングを見計らって、一括査定を依頼して複数の業者に査定額を出してもらい、車内の掃除や洗車を怠らず、綺麗な状態にしておくのが良いでしょう。これらが満足度の高い売却への近道ですね。業者に出張査定に来てもらうのは無料のことが多いですし、自宅や会社などへの出張が可能なので、利用しやすくなっています。しかし、強く押されると断れないと自覚している方は買取業者の店舗に直接持ち込む方がベターと言えるでしょう。予約しなくても短時間で査定を終えられますから、複数の業者を訪ねて損はありません。


代金や手数料の振り込みでトラブルが起きると厄介なので、代金や手数料の支払いはできるだけ現金にしましょう。



車を維持するために必要なお金がいくらかかるのかを調査してみました。中古車を買うときにしておかなければいけないことは今までどのくらい走ったかをチェックすることです。今までにたくさん走っていると車が傷んでいる可能性があるので維持するためにたくさん費用がかかることもあると思います。


About the author