先日のこと、長年乗ってきた愛車を売ってしまい

子供が家族の一員になったので、2シーターの車から買い

子供が家族の一員になったので、2シーターの車から買い換えようと思っています。

独り身の時から愛用している車なので、愛着が詰まってました。新車を買うため、下取りに出しました。

想像していたより、十分な査定はつきませんでしたが、傷もあるので、しょうがないのかもしれないです。


買取希望の車の査定基準は、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

これらチェック項目のうち、車の内装や外装に関しては、事前にしっかりと掃除することで査定額はアップするでしょう。過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、最初に断っておくべきです。


これらベースとなる査定基準をチェックした上で、その車種のオークションの相場金額を加えて判断し、買取希望者に示す見積金額を決定しているのです。車のローン中ですが、クルマそれ自体が担保の役割をしています。

ということは、ローンが残った車を売却する場合、残った債務を清算し、ご自身が車の所有者にならなければなりません。手続きが難しいと感じる方もいるかもしれませんが、多くの買取業者では買取の際に売却額からローンを完済し、名義の書き換えも業者がしてくれます。ローン清算額とクルマ売却額の差額から、買取業者に後で支払うか、クルマの買取金額によっては差額を受け取ることが出来るのか、どちらかになるでしょう。いずれにせよ簡単に手続きを済ますことが出来ます。

愛車を業者に売る時は、なるべく高い金額で売る結果になるように、努力することが大事です。
高額買取を可能にするには、こつが必要になります。交渉に適応してくると、自ずとテクニックが体得でき、、高く売ることが可能ですが、パソコンでコツを調べるのもオススメです。
一般的に中古車の買取市場において言えることは、大手の業者と中小の業者では査定スタンスが少々違ってきます。



大手の業者は中古車販売の独自のルートもありますし、資金力もありますから、次から次にドンドンと買取を行うでしょう。
しかし、買い取りの基準は社内規定で厳しく決められていることが多く、いったん示された査定金額に対し、価格交渉する余地は低いのが現状です。
反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、中古自動車査定士の独自の判断で高値が付きそうだと思えばかなり見積金額が高くなる事もあり得るのです。
中古車を売買しようとするときに、多くの業者に出張査定依頼をして、その場に居る全員に同時に査定をしてもらうことを相見積もりと呼んでいます。



「相見積もり」を依頼する長所と言えば、査定スタッフが同時に価格を提示することで価格競争になり査定額が上がることです。相見積もりをあまり快く引き受けてくれない会社も中にはあるのですが、快く相見積もりを引き受けてくれる買取会社は実際に購入しようとする意欲が高いところで、買取業者間の査定額競争が激しさを増すと予想されます。幾らかでも高く車を売るためには抜群に効果的な方法なのです。完済前でローンが残っている車を売るなら、いったん完済しなければ売却は不可能ですから注意が必要です。

ローン返済中は車の所有権はローン会社が持ち、所有者としても普通はローン会社が登録されているからです。
残債を売却前にすべて払えるのであれば何の支障もありませんが、もし不可能なら売却額をもって残りの精算に回すという手段もあります。ただ、それにはローン会社の承認を得ることが大前提となり、必要書類も多くなります。

「そろそろ車を売りたいな」となった時、とにかく便利なのがオンラインの一括査定です。


しかし一括査定を申し込むと、業者からの営業電話はしばらくひっきりなしですしメールでも営業案内がきてしまうことは覚えておきましょう。



これを避けたいなら着信拒否機能を活用できるよう査定申し込み時に携帯番号だけを入れておき、メールアドレスはその時だけのいわゆる捨てアドレスを使用すると良いでしょう。
くわえて、ネットの査定が済んで実物を見てもらう段階の査定でも業者は複数利用するのが査定額アップの鍵になるでしょう。



車の買取を申し込む場合、多く利用されるのがWEB査定です。


一括査定なら、どこにも出かけなくても複数の業者の買取額をもとに検討することができます。

ただし、ウェブ査定は実際の査定とは異なるので、その後の現物査定の際により低い額になってしまうのは覚悟しておきましょう。

あらかじめWEB査定で高い額を出しておいて、いざ出張査定となれば途端に安い額を提示し、売るまで帰らないという悪質な業者も存在しています。近年市販されている車は買った当初からカーナビが付いているものが多数派となってきました。


このため、単純にカーナビシステムが装備されているだけではあまり査定額が高くなることはなくなりました。一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って評価してくれる可能性が高くなります。

高価なカーナビの取り外し作業が比較的簡単ならば、見積もりをしてもらう前にあらかじめ外してカーナビだけ別にしてオークションで売ることも良い方法でしょう。

About the author