自分の車を査定してほしくても、突然、買取店舗

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活セン

国民の消費に関連する相談窓口である国民生活センターでは、中古車関係の金銭的なトラブル、取引上の不信感といった相談が相次いでいます。


最近では買取に伴う相談電話が多く、全体に占める割合も増えています。


例えば一括査定サービスを使ったところ、信じられないほどの電話が集中して迷惑している、契約するまで帰らないと言われ、押しきられる形で不本意な契約をしたといったものです。

一人ではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、冷静な第三者に相談することをお勧めします。数日前に、車の事故を起こしてしまいました。


車を修理するかどうか正直迷いましたが、最終的に、修理することにしました。
修理にいくらかかるのか見積もりをもらって、買い替えか修理か検討した結論です。修理の間は、代車生活を送っています。車が戻ってくるのが待ち遠しいです。

自分で所有する車を売ろうとするときには、手続きに必要となる書類の中に車庫証明は入っていません。でも、新しく購入した車に関しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

何事もチャレンジの精神で行けば、ちょっと面倒でも業者に払う手数料は払わなくて済むので、挑戦しても良いのではないでしょうか。車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、車の売買契約書を持って行きましょう。どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、車関連の話に限定されることなく売り買いをするうえでの重要項目です。サインをしたり印鑑を押してしまえば、契約書の内容はすべて法律的に有効になってしまうのです。
記載された中古車の状態は適切か、お金の部分に関してあいまいな点はないか、よく読んで確認してください。


疑問点が生じたら遠慮せずにスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。
ズバット車買い取り比較業者に買取をお願いした後、入金される時期について気になる人もいるでしょう。
残っているローンの処理であったり、自動車を再度よく確認し、漏れがないかなどの確かめなければいけないので、普通は、買取契約にサインをした翌日からあらかた1週間くらいでお金が手元に入ることが多いようです。いままで乗っていた車を業者に売却するときは、査定前に車の中も外もきれいにしておきたいものです。
車内の掃除をしたら、シートカバー、ホルダー、ゴミ箱等は撤去しておきましょう。



収納部分もカラにしておくのが望ましいです。

外側は思い切って洗車してしまいましょう。
軽いシャンプー洗いくらいで構いません。以前営業担当者に言われましたが、張り切って磨いて失敗する人は意外と多く、塗装ごととれる可能性もあるので、スーツ姿で触っても服が汚れないのを目安にすると良いでしょう(営業さんはスーツで来ます)。



ホイール周りは真っ黒になりやすいので、こちらも忘れずに。
また、小キズをタッチペンで修正する人もいますが、買取後にプロが処理するほうがキレイですので、そのままにしておいてください。

いま乗っている車を業者に買取依頼するときは、出来るだけ高く良い値をつけてもらいたいものです。相手との話し合いにあたり、「その時点で納車できる」ということは、売り手側のプラス材料になるようです。そういう訳で、検証の際には、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書の持参を勧奨します。
車の買取を申し込む場合、多く利用されるのがWEB査定です。一括査定なら、どこにも出かけなくても複数社の買取額を比較することができます。ただ、WEB査定は単に目安を示すに過ぎないので、現実の査定ではそこまで高い額が付かないと思っておいた方がいいでしょう。



それに、WEB査定の時点ではそこそこ良い金額を出しておきながら、出張査定ではそれよりずっと安い額を示して、売るまで帰らないという悪質な業者も存在しています。

車の査定をしようかなと思う一方、個人情報は知られたくないと思うのもうなづけます。
特に、ネットの一括査定サービスを通した場合、多くの買取をする企業に自分の個人情報が提供されるのが心配になりますよね。

ですが、法律によって個人情報の取り扱いには厳正な管理方法が決められているので、基本的には安心することが出来ます。

中古車を査定するときに絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。

中古自動車査定士は日本自動車査定協会が認定し、中古自動車査定士は大型車と小型車の2種類存在します。

半年以上の実務経験があることが必要ですし、学科や技能試験もパスしないと資格を与えられることがありませんから、中古自動車査定士の資格がある人は、車の査定の腕前が一定以上であることの証明になると言って良いでしょう。

About the author