自分の車を査定してほしくても、突然、買取店舗

自分の車を査定してほしくても、突然、買取店舗

自分の車を査定してほしくても、突然、買取店舗に車で行ってしまうのは無謀にもほどがあります。



一社では提示された金額が相場かどうかもわからないため、もし損をしていたとしても気づかずに売ってしまうことだってあるでしょう。考えられる利点というと、スピードです。

現物はすでに店舗に乗ってきているのですから査定を待つばかりですし、契約に必要な印鑑(実印。
軽は認印可)や書類一式が手元にあれば、その日だけで売却手続きが終了する場合もあります。
長年乗った車。
高く売るつもりはなくても、安値で買われるのはイヤですよね。だったら、面倒だなと思っても、少なくとも2社以上の会社から見積りしてもらうほうが良いと思います。
営業さんもプロですから、1社だけだと「うちならこれだけ出します」と言うでしょう。
さらにその場で少し上げてくれるかも。


もちろん鵜呑みにしてはいけません。あと、「どこでも同じですよ」の畳み掛けもあります。どこも同じなら別に他社の見積りを取っても問題ないと思ったほうが良いのではないでしょうか。



営業マンには複数の会社から見積りを取っていることを伝えて頑張ってもらい、納得できる売却先を見つけることが大事です。



一括査定サイトに登録しているなら「他社にもお願いしているから」で断る業者はいないと思いますよ。

一度知り合いに「楽だよ」とすすめられて無料出張査定サービスを使い車を売ってみました。自宅に来てもらったのですが、査定をする人のプロフェッショナルぶりに少々感動しながら見物したことを覚えています。


隅々まで相当念入りに点検をしていくのですが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。

ボンネットの端っこに小さなキズもありましたが、自分では全然気づいていませんでした。


プロの目は確かですね。



ですが、そんなに大きく減点されなかったので助かりました。


マイカーの買取下取り価格は走行距離により大きく異なります。例えば、10万km超えの車では下取り価格に期待はできないです。


だけど、3年で3万km以内だったり、5年で5万km以内だったり、1年で1万kmぐらいの普通自動車だったりすれば下取りの査定額があがりやすいです。

過去、走った距離が少ないと車の状態が良いと判断されているわけですね。



一度払った自動車税は還付されないと思っている人が多いでしょうが、月割りで還付されるケースがあります。これは、一般的な普通自動車を売らずに廃車にしたときです。

廃車にするのが軽自動車だったときには、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。でも、自動車税の残り期間がかなり残っている場合などは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。


良心的な業者があると言っても、査定の時に税金分はどうするかについて充分に説明してくれる買取店ばかりではないのが現状です。売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。



中古自動車売却に関して言えば、車庫証明の書類はとくに必要とされません。



しかしながら、新たに買った自動車に対しては、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。


車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。
多少面倒な手続きではありますが、手数料分が節約できますから、挑戦しても良いのではないでしょうか。


車庫証明の取得に関しては、以前所有していた車をどうしかの説明が必要ですから、必要書類として自動車の売買契約書があります。中古車をディーラーに下取りしてもらう際は実に、たくさんの書類が必要となってくるのですが、その中の一つが自動車納税証明書です。



もしも、納税証明書を失くしてしまったときには、税事務所等で、再発行をしてもらうことになります。自動車に関連した書類は、失くしてしまわない様に常日頃からちゃんと管理を行うことが大切です。

業者は年式や色といった机上データのほか、独自のポイントシステムで対象車の市場価値を計算するのが常です。未修理のこの項目はマイナス3点、走行キロ数はプラス2点といった感じで減点したり加点したりで総合的な評価額を出します。
中古車市場でも人気不人気車種は存在しますが、ほかに具体的な見所といえば、事故歴、修理歴、傷、故障、改造パーツの有無、走行距離などです。熟練の営業マンが逐一チェックしますから、過去の修理歴について忘れたと言ったり、知らないふりをしても、一目瞭然です。



中古車の下取りに必要になってくる書類は、やはり車検証です。


もしこれがないと、下取りができません。

ちなみにですが、フェリー乗船の時にもいるのです。車検証は、ものすごく重要な書類です。



なので大事に保管しておく必要があります。



さらに、整備記録等もあれば、下取り価格がアップしたりといったこともあります。
車査定サイトを利用して査定を申し込むと、業者から営業電話がどんどんかかってくる場合があり、しかしこれも、そういったものだと事前に知っておけば、落ち着いて対処できるでしょう。



こういった営業電話に対しては、話を延ばさないで淡々と断ってしまえば、それ以上の電話攻勢はしてこなくなる場合が殆どで、それでもかかってくるなら、着信拒否ということにすると、あまり迷惑がる程のことではないかもしれません。



それでも「とにかく営業電話は困る」というのであれば、住所や電話番号を打ち込まなくても査定の金額を提示してくれるサイトを利用して申し込みをしてみるのもおすすめです。

About the author