過失ゼロの状態で追突事故に遭い、シャーシが歪んでしまった

過失ゼロの状態で追突事故に遭い、シャーシが歪んでしまった

過失ゼロの状態で追突事故に遭い、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車として扱われ、事故歴がない車と比べて査定額が極端に下がることも予想されます。恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。それは交渉次第で可能な場合もあれば、ダメなこともあります。

仮に当事者同士で話し合っても自動車保険会社は支払い対象外とすることがほとんどだと思います。

やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所などと話し合ったほうがいいかもしれません。



車を売却する時には査定に車を出すことが多いでしょう。



注意しないといけないことは悪徳業者にお願いしない事です。



最初から悪徳業者を選んで依頼する方はいないものですが、気持ちよく取引するためにも確信が持てるところに売る方が心配はないです。

マイカーの買取してもらう際に査定の金額を上げようと車検切れとなった車を車検に通す方も多いです。

買取、査定の場合、自社工場で車検を通しているところが多いため、わずかばかり、上がった査定の額より結局、自分でやった車検の金額の方がかかってしまうのです。車検が間近に迫った時でも、買取査定を受けた方が良いです。車の所有者にかかってくる自動車税は、毎年4月1日の時点でその車を所有している人に1年分が請求されます。


一年分が請求されると言っても、車を手放す際には、残っている月数分の税金額が査定に加算されるようになっているので、一年分の税金を払って損したと言うことにはなりません。でも、自動車重量税は査定に加算されることはなく、廃車にでもしない限り還付されると言うことはないのです。
しかしながら、税金を支払った月数分の残りの金額を査定に加算してくれる場合もあるかも知れません。

買取業者との交渉次第でなんとかなるかも知れませんね。

一般に買取業者に中古車を売却する際、査定にかかる費用は請求されないのが普通です。その一方で、カーディーラーに下取り査定を頼むときには、下取額はまずまずでも査定手数料をとられていたなんていうパターンも多いです。

ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、同じ「中古車」なので買い取りだろうと下取りだろうと似たようなものだと思っていると忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをはっきり聞いておくべきです。
有料だからといって悪いわけではありませんが、知っていれば買取業者の方が有利ということで、ディーラー価格交渉するネタになります。子供が生まれたので、2シーターの車から買い換えることになりました。



この車とは独身時代からの付き合いですので、愛着を持っていました。新車を買うため、売却に出しました。予想していたより、低い査定額となりましたが、傷がついてますので、仕方ないのかもしれません。

何十年も経っているという車でも、中古車の専門業者に買取を頼めば、高値で買取してもらえることもあります。



生産台数が少なくあまり流通していない車なら、いわゆるコレクターズアイテムとして高い価値があります。


マイナーな車種が一躍、人気の車種へ変貌するわけです。
高く買い取ってもらいたいなら複数の業者の査定を見て検討することが重要です。



それに、自分の車の買取相場を自分でもネットで調べておくのもお勧めです。実際の中古車査定では、車をディーラー、または、中古カービューの車査定業者に運び、現物査定してもらいます。できれば、複数の業者を回ってから、それぞれの査定額を比較した上で売却を決められたら良いと思います。

もっとも持ち込むより先に、大まかな査定額が分かれば助かりますよね。どのくらいの業者がメールでの連絡に対応してくれるのか確認しましたら、意外と多くの業者が対応してくれるようです。無料ですから一度、メールでの査定をするのが良いと思います。


すでに支払った自動車税が月割りで還付されることがあります。それは、普通自動車を売りに出したりしないでそのまま廃車にすると税金が戻って来ます。反対に軽自動車に関しては、廃車にしても自動車税は月割りで還付されることはないのです。
そうはいうものの、税金を払ったばかりなどで残り期間がたくさんあるなどのケースでは、税金分を買取業者が査定アップしてくれる場合があります。しかし、査定をするときに税金分の取り扱いについていちいち説明してくれるとは限りません。売却の契約を交わす前に確認しておきたいことのひとつと言えます。

乗っている車を売ると心に決めたら、最初にした方が良いことといったら、今の時点でのおおよその相場価格を知ることです。
相場が判明していればひどく安く買い取られる可能性をグッと低下させることができますし、相場の金額よりも高値を付けてくれた店舗に即決することも可能になるというものです。

複数の買取業者にWeb上からアクセスして一括査定できるページが存在するので、ここで売却予定車の相場の把握をすることが可能になります。

About the author