車査定を頼む前に、車体の傷は直しておく方がよいのか気がかりで

車査定を頼む前に、車体の傷は直しておく方がよいのか気がかりで

車査定を頼む前に、車体の傷は直しておく方がよいのか気がかりですよね。
自分で容易に、直せる程度の小さな傷であるなら、直した方がよいと考えられます。



しかし、自力で直せない大きな傷の場合は、修理に出さずに車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。
ボディカラーの如何によって、中古車の査定額は大きく変動します。いわゆる白や黒の定番色は市場で人気が安定しているので、査定時にプラスの評価が出ることが多いです。



その上、シルバーは定番色であることにプラスしてボディーなどの汚れが目立たないのでもっとプラス査定がつきやすいのです。白や黒、およびシルバー以外の車体色に関しては、車の評価が高くなることは望めないでしょう。
車を査定するときには流行している車体色だとしても、流行っている時期は短くて、買取から売却が成立するまでの間に車体の色の流行も変化しているかも知れないからです。オークションで車を買おうという人は、安く車を欲しいと考えている人かマニアです。中でも、出来るだけ安い値段で車を手に入れたいと考えている人が大多数なので、平凡な車だと高く売却することはできません。ただし、希少価値が高くて珍しい車だとマニアの人に喜んでもらえるため、入札件数がアップして、高額で売却することができます。



買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定の際に低く見積もられることが大半です。しかしながら、マイナス査定を避けるために査定前に個人でへこみやキズを直すことは勧められません。


前もって個人でキズ等を直したといっても、その修理に要した経費より多く査定額が上昇する場合はあまりないからです。
買取希望の車を自分で直すより、買取が成立した後に、中古車販売店が提携している業者に修理依頼した方がコストを抑えることができてしまうからです。
中古車査定を実際に行う流れとしては、買取業者やディーラーに車を持って行きます。
そして、実物の車を見ての査定を受けます。
ですからいくつかの業者を回ってから売却を決める事をオススメします。

尤も、概算価格を予め教えてもらえれば手間がかからず、簡単ですね。メールオンリーでの連絡が可能な業者を調べてみたら、意外と多くの業者が対応してくれるようです。

無料ですから一度メールを送ってみてはいかがでしょうか。親世帯と同居することになったので思い切って車を買い換えました。古い車は下取りしてもらうことになったのですが、買い換え自体初めてだったので、提示された見積書の数字のまま、決めました。



その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、カーセンサーの車一括査定り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまさらながらに後悔したものでした。

一社でなく複数の買取会社から相見積りを取るつもりであれば、インターネット上の中古カービューの車査定一括査定サイトを使うのが一番の近道でしょう。

以前はパソコンだけでしたが、今ではスマホ対応サイトも多いので、外出先で友達と相談しながら、あるいは自宅でのんびりしながらマイペースで査定依頼できます。欲しかった査定結果が提示されたら、高値の業者からいくつか選んで交渉に入ります。

代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。


たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところは対象から外しておいたほうが無難です。これまで大事に乗ってきた車を買い取ってもらうなら、気持ち良く取引したいですね。

買取価格アップに直結するかわかりませんが、きれいに掃除はしておきたいものです。車の中には基本的に何も置かず、カバー類ははずしておきます。カーマットの下にはゴミがたまっていないように注意してください。外側は思い切って洗車してしまいましょう。ワックス入りのカーウォッシュで洗うくらいで充分です。



頑張って鉄粉落としなどを使いまくると、よりにもよってキズが!なんてことになりかねないので、あくまでも清潔感を目指してください。

ホイール周りは真っ黒になりやすいので、こちらも忘れずに。それだけで見違えるようになります。営業さんも人間ですから、マイナス面を減らすことで少しでもプラスになるでしょう。

この間、知り合いの中古販売業者のスタッフに、長い間乗っていた車を鑑定してもらいました。廃車寸前だと言うので、買い取ってもらえるのかどうか不安でしたが、、車の下取り価格は3万円という結果でした。そのあとは、その車は直され代車などに使われているようです。

自分の車についた傷や故障は、基本的には何も改善せずに査定してもらうよう提出しましょう。

大小関わらずすり傷や壊れた個所があれば、その評価分金額は低くなってしまいます。
しかし、傷や壊れた個所は、買取業者が自社で調整したり、直したりするので、評価する前に直しておく必要はないのです。減らされる金額よりも、壊れた個所を治す費用の方が高く査定されてしまいます。

About the author