中古車を少しでも高値で売るにはどんなところに注意すべ

個人売買だと問題が起こりやすいですが、車査定だとトラブ

個人売買だと問題が起こりやすいですが、車査定だとトラブルの心配はありません。個人売買を選んだ場合には、車を渡したけれども、代金の回収が困難であったり、お金を支払ったにも関わらず車を明け渡してもらえないという危険性があります。


売却が終わった後に購入者から苦情が寄せられたりすることも多くあります。



先日、結婚を機に、今までの愛車だった車を売って、今度は大型車に買い換えました。
きっと軽自動車なんて売っても、ろくにお金にならないだろうなと思っていたのですが、査定に出してみたら驚いてしまいました。思っていたより随分と買取価格が良かったのです。



買取業者によれば、軽自動車は結構人気があるそうで、良い値段で取引してくれるのだそうです。

車を売却する場合に、車検が切れていてどうしたらいいんだろう?と思うことがあります。

車を少しでも高く売ろうと考える場合、先に車検に出した方が良いのではないかと考えるかもしれません。しかし、それは間違いです。
たとえ車検に出しても、それ相当の査定額の上乗せは望めません。



車検が切れた状態で査定に出した方が総合的に得なのです。

車両の売却の時は、高く買ってもらいたいです。
その時、注意すべき項目があります。それは、査定してもらう人に嘘や偽りを話さないことです。相手は査定の専門家ですから、あなたが嘘を言ったことはすぐにわかってしまいます。


嘘を言ってもプラスになるどころか、イメージを落としてしまい、負の作用がはたらいてしまうのです。妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、もっと荷物が運べて大勢乗れる車に買い換えることにしました。
ディーラーで、以前乗っていた車は「お乗りになりますか」と聞かれたので「いいえ」と答え、そこで自然に下取りという流れになりました。

実際、下取りしてもらった経験はなかったので、提示された見積書の数字のまま、即決してしまったのです。



その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなとあとになって後悔しました。事故を起こした車のケースでは、高額な修理代を支払っても、事故前と同レベルに戻せないこともよくあります。事故の時に車が受ける衝撃によって、フレームに歪みが生まれてしまうと、完全に修理することが難しい場合もあります。
事故車両を直すのにお金をつぎ込んでも、事故車専門の買取業者に売却して、新車を購入するのが安全面ではおすすめです。
先日、査定表を確認して意気消沈しました。



私の車はこれだけの価値しかないんだと確認しました。



一般人とは違い、あちこち分析が添付されていました。



落胆してしまったので、他の買取業者にも査定をしてもらったのですが、ほぼ変わらない内容でした。車の買い換えをする時に、人それぞれやり方はあると思いますが私自身は、ディーラーに下取りに出さず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。パソコンかスマホでネットに繋いで、一括査定サイトに行き、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、業者からのコンタクトがあります。

電話連絡の場合が多いです。



通常四社か五社くらいから反応があるようです。電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。
そうやって値段がわかったところで、良さそうな業者を二つ三つ選びだし、それら以外のところはもう、電話で断ってしまえばいいです。年式が非常に古く、見た目にも使用感のある車でも、中古車の扱いに長けた業者であれば、高額での査定が期待できる場合もあります。一例として、メーカーの生産台数が少ない車などは、車好きな人が価値を見出してくれることがあります。意外な車が人気車種として取引されていることがあるのですね。高く買い取ってもらいたいなら必ず複数の業者から見積りを取って比べるようにしましょう。それから、車種ごとの買取の相場をあらかじめWEBで調べておいてもいいでしょう。
壊れて走らなくなった車を廃車手続きしようとすると、諸費用が数万円かかるので、不動車を買い取ってくれる専門の業者を探し出して買取してもらうのがベストです。


ネットで探してみると、動かなくなってしまった車を買い取ることを専門にしている業者があります。


自分で廃車処理をするよりも買い取ってもらうとかえって簡単かもしれません。

About the author