車を買取業者に引き取ってもらう際、注意するべき

車が事故に巻き込まれていた場合、十分修理を

車が事故に巻き込まれていた場合、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故前と比較して査定金額が大幅にダウンすることを査定落ちと名付けられています。格落ち、評価損ともいいます。

完全に修理をして、性能に関しては問題がみつからなくても、事故車両という負のイメージだけで査定落ちをすることが無きにしも非ずです。

車を高価格で売るためには、条件がいろいろあります。年式や車種や車の色などに関しては特に重要なポイントと言われています。比較的、年式が新しい車種の車は買取査定額も高めになります。

また、同じ年式、車種でも、カラーバリエーションによって価値が違ってきます。一般的には、白、黒、シルバーの車は高めに売ることができます。何軒かの中古車業者に愛車を売却するために、査定をしていただきました。


それらの中で、ガリバーが最も高く買い取ってくれるとのことなので、こちらの業者に売却することを決定しました。まずはネットで車査定し、その上で別の日に、愛車を店舗に持っていったところ、ネットで行った査定よりも、高額だったため、すぐに売却を決めました。



結婚する予定になり、車を売ろう!と考えました。旦那となる人は、通勤に車を必要としないので、二台置いておく必要性がないからです。



ローンを利用し購入した車でしたが、既に完済しているので、売って手に入れた金額は、へそくりとして大事にしまって置いておきます。
買取業者が詐欺を働く場合もあるので注意が必要です。比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、あれやこれやと文句を付けて当初の金額よりも大幅に減額して買い取ろうとしてきます。

そんな金額では買取には出せないと言うと、今は車はここにはないなどと言い、運送や保管の費用だなどと言って車の返還と引き換えにお金を取っていく手口もあります。また、車の受け渡しを済ませたにも関わらず買取のお金が支払われないというケースもあります。結婚したことを機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、大型の車に買い換えました。
軽自動車なんかは売っても、ろくにお金にならないだろうなと思っていたのですが、査定に出してみたら驚いてしまいました。

想像していたよりも大分提示された買取価格が高かったのです。



中古車を取り扱っている業者によると、軽自動車は人気なので、高い価格で引き取ってくれるそうです。

車の査定においては、なるべく高い査定額をつけてもらいたいものです。そしてそのための交渉のやり方がありますので、簡単に説明します。

最初にやることは、いくつかの買い取り業者に目星をつけて、そこから、見積もりを出してもらうようにします。

具体的な値段の話はまだしません。出してもらった金額の、一番高いところを基準にして業者との価格交渉をしていきます。
話がいい具合に進むと、一番高い査定額から、さらに上乗せされた金額を引き出せるかもしれません。でも、値をつり上げようと何度も繰り返すと、本気で売る気はなさそうだと思われてしまうこともあり、それは都合が悪いですから、その辺りは見極めが必要でしょう。

車を下取りに出す時に、ガソリンはあった方がいいのか気にしている人もいます。
しかし、結論からいうと、大して気にすることはないのです。車の下取りで必要なのは、車の年式や車種、走行距離、ボディカラーや車の状態などです。ですから、基本的に燃料の残りを気にする必要は皆無といえます。

中古自動車を購入する時は、いわゆる事故車を買ってしまわないように留意した方がいいと思います。



いくら修理されている、とはいえ、事故車は安全性に問題がある場合もあります。

でも、普通の人が事故車を見抜くのは難しいため、信頼のおける中古車販売店で買いましょう。人気の高い車種を売る場合、買取でも満足いく査定結果になることが多いですね。代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は査定額が上がりやすい、人気の車種です。ところが、買った時には人気のある車種だったとしても、査定の段階で既に、人気が落ちているような場合、むしろ買取額が下がってしまう傾向にあるようです。

About the author